4635円 ドイツ製 PENTACON 3.5/30 M42 48N-138 ブラック 最終型 Ty5 緑文字 家電、AV、カメラ カメラ、光学機器 レンズ 一眼カメラ用(マニュアルフォーカス) 4635円 ドイツ製 PENTACON 3.5/30 M42 48N-138 ブラック 最終型 Ty5 緑文字 家電、AV、カメラ カメラ、光学機器 レンズ 一眼カメラ用(マニュアルフォーカス) trainingtek.com,緑文字,家電、AV、カメラ , カメラ、光学機器 , レンズ , 一眼カメラ用(マニュアルフォーカス),ドイツ製,PENTACON,3.5/30,ブラック,/Biota97937.html,Ty5,最終型,4635円,48N-138,M42 ドイツ製 PENTACON 3.5 30 M42 再再販 ブラック 緑文字 最終型 48N-138 Ty5 trainingtek.com,緑文字,家電、AV、カメラ , カメラ、光学機器 , レンズ , 一眼カメラ用(マニュアルフォーカス),ドイツ製,PENTACON,3.5/30,ブラック,/Biota97937.html,Ty5,最終型,4635円,48N-138,M42 ドイツ製 PENTACON 3.5 30 M42 再再販 ブラック 緑文字 最終型 48N-138 Ty5

ドイツ製 PENTACON 3.5 30 少し豊富な贈り物 M42 再再販 ブラック 緑文字 最終型 48N-138 Ty5

ドイツ製 PENTACON 3.5/30 M42 48N-138 ブラック 最終型 Ty5 緑文字

4635円

ドイツ製 PENTACON 3.5/30 M42 48N-138 ブラック 最終型 Ty5 緑文字

ドイツ製 PENTACON 3.5/30 M42 48N-138 ブラック 最終型 Ty5 緑文字 11002NOH

感染症蔓延等の諸般の事情により、当面の間、発送を週1-2回程度にまとめて行います。
原則として土曜日までの入金分を翌月曜日に発送の予定です(都合により発送曜日は変わる場合もあります)。
落札のタイミングにより発送までの日数が掛かる場合がありますので、ご了承ください。


ドイツ(DDR)、ペンタコンの30mm F3.5です。

VEB PENTACON(ペンタコン公社)は、Meyer-Optik(メイヤー/マイヤー)、Zeiis Ikonなどが合併したドイツ(DDR)の光学メーカーです。

PENTACON 3.5/30は、Meyer-Optik Lydith (リディツ)を合併に伴いリニューアルしたモデルです。

Lydith は、5群5枚からなるレンズで、小形軽量でシャープな描写で、1964年より製造されました。
絞り羽は10枚で、プリセットフルマニュアル絞りです。絞り形状は、ほぼ円形絞りですが、中間領域ではやや星形に近い形状となります。
マウントは、ExaktaとM42、外装はブラックとゼブラがあります。

レンズ構成は、Tripletをベースに、前玉を追加したErnostarに、更に大きな前玉を追加してレトロフォーカスとして広角化した構造というところでしょうか。クラシックな構成でボケ味もよく、オールドレンズらしい味わいで、癖が強すぎるという事もない様に思います。

PENTACONでは、1.8/50や2.8/135の様にリニューアル後にコーティングや絞りなど仕様の異なる発展形のバリエーションモデルが多く作られたモデルもありますが、3.5/30は概ね外装の変更のみです。

PENTACONの広角では、2.8/29もあり、こちらはMeyer-Optik Orestegon 2.8/29のリニューアルモデルです。ほぼ同じ焦点距離ですが、Meyer時代もPENTACONでも併売していました。こちらは、マルチコート化など色々な派生モデルが出ています。


広角のオールドレンズとしては、価格がこなれており、描写やスペックも使いやすいモデルと思います。

この個体は、M42マウントでブラックカラー、ペンタコンマーク無し、ft表示緑文字、銘板文字は新字体、飾り銀管なし、絞り羽の素材がマットになっている最終型(Type 5)です。

PENTACON 3.5/30
M42マウント
ドイツ製
ブラックカラー
プリセットマニュアル絞り
絞り羽10枚
最短撮影距離 0.35m
フィルター径 49mm

M42スクリューマウントなのでアダプタを介して、PentaxK,Sony A,CanonEFなどの一眼レフやマイクロフォーサーズ、ソニーEマウント等のミラーレス一眼にて使用できます。
(アダプターを使用した場合に全て機能を保障するものではありません)

ヘリコイドは全域で動きます。
滑らかで適切なトルクです。

絞りは正常です。
全域で滑らかに動きます。
プリセット管正常、絞込管正常

レンズ内に、大きなゴミ、カビは(チェックした範囲では)ありません。
少し汚れ等、チリスレ等があります。写真で確認して下さい。
カラーバランスは正常です。

外観は、大きなキズ、アタリはありません。
少し汚れ、スレ・キズ塗装剥離等があります。写真で確認して下さい。


商品は以下3点です。
1.レンズ本体
2.フロントキャップ
3.リアキャップ
記載していないものは一切付きません。


返品要件:致命的な初期不良の場合のみ。致到着後3日以内、往復送料落札者負担。
サポート、相性対応は致しません。

写真が現品です。必ず写真で状態を十分に確認の上、ご入札下さい。
但し、写真に全ての問題点が写るとは限りません。角度、光線、モニター等により違って見える可能性があります。また、写真撮影後に、保管中の変化やメンテナンス等で状態が変わる場合があります。

ヴィンテージレンズの特性を十分ご理解の上、ご利用下さい。現代レンズとは違う価値観・取扱い方法が必要になりますので、最低限の知識・スキルのある方のみ入札して下さい。

オリジナル対応ボディ又はマウントアダプタ経由でデジタルカメラに装着して大まかな動作確認しています。全ての機能のチェックを行っているとは限りません。
レンズの状態は、チェック時点での見解をできる限り正確に記載していますが、必ずしもお届け時にそれを保証するものではありません。状態の変化、検査精度以下の問題点、見解の相違等がある可能性があります。チェック時には問題が見つからなくともお届け時に何等かの不具合が生じる場合もあります。リスクのある事をご理解の上、ご利用下さい。原則として現状品扱いとなります。

致命的な初期不良の場合のみ、オークション時記載の返品要件による修理(できない場合代品交換、代品が無い場合返金)での対応となります。
出荷前に新たな問題が見つかった場合や在庫紛失・破損、出品ミス等の場合には、取引をキャンセルさせて頂く場合があります。

質問欄等からのレンズの情報、状態、対応機種等の問合せにはトラブル防止の為回答しません。
レンズの情報はできる限り正確に記載していますが、非常に古いもの、海外品、生産会社が存続していない場合などがあり、情報に誤りがある可能性があります。必ずご自分でご確認の上、ご入札下さい。レンズの状態は、オークション時の説明文・写真から判断してください。

カメラボディ・アダプタ等との相性は保障できません。サポートは行っていません。
特にアダプタを使用した際のフランジバックの問題(無限遠が出ない等)は、保証しません。

出荷時点での伝票番号の通知は行っていません。紛失、遅延時には問合せ頂ければお知らせします。
取引ナビの回答には内容により2-3営業日程度掛かる場合があります。
その他、過大なサービスを必要とされる方は入札されない様お願いします。

値引き、早期終了、付属品の無償サービス等の要求は対応しません。
連絡は、取引ナビのみで行います。電話・メール・対面等、ヤフオク外の対応は行いません。
落札者の都合でのキャンセルはできません。十分に説明文・写真をみた上で慎重に入札してください。

宅配便送料はヤマト運輸料金表の通りです。
 ヤマト運輸料金表リンク 関東発 60サイズ
http://www.kuronekoyamato.co.jp/estimate/kanto.html

最初の落札より3日間(72時間以内)の落札分は、同梱包可能です(発送サイズが変わらない範囲なら何点でも同料金)。
但し、同梱包不可の記載がある商品は除きます。
「まとめて取引」依頼はシステム上の問題の為、対応しません。個別取引扱いで二点目以降の送料連絡の際に調整します。

これらの取引条件に同意される方のみ入札して下さい。

キャップ、フード、フィルター、アダプタ等、周辺品のオプション(500-1000円)の取り扱いもあります。






ドイツ製 PENTACON 3.5/30 M42 48N-138 ブラック 最終型 Ty5 緑文字

溶接用語 【トップページ】
 




溶接用語 ウェブサイトへようこそ

本サイト『溶接用語』は、JIS規格に規定される溶接関連の用語・定義を引用しつつ解説を加えてまとめています。
引用は主に以下のJIS規格を参照しています。

JIS Z 3001:1999 溶接用語
Welding terms

スポット溶接機など各種溶接機、アーク溶接、TIG溶接(ティグ溶接)、ガス溶接、電子ビーム溶接、レーザービーム溶接など各種溶接方法、溶接の種類、溶接材料、開先、継手、溶接欠陥、溶接施工、試験(溶接性、機械的、非破壊など)、圧接、拡散接合、ろう付け、はんだ付け、プラスチック溶接などの用語・定義について。

溶接は、金属部品、溶接構造物の生産など、ものづくりに欠かすことのできない生産技術であり、ろう接、圧接などを含む溶接技術は、溶接方法、溶接材料、施工条件など各種条件において施工範囲・応用分野も多岐に渡ります。
溶接方法、溶接種類、試験や安全に至るまで、溶接に関する基本的な用語の理解は、溶接技術の習得には欠かせません。
溶接に関連する用語の理解に、『溶接用語』サイトをどうぞご活用ください。

『溶接用語』以外にも、JIS規格における各分野の用語・定義についてはこちらもご参考に。
△B/663●セガ SEGA☆バーチャコップ VIRTUR COP☆セガサターン(SS)用ソフト☆中古品

溶接用語 - 新着情報

溶接記号

溶接記号とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。
溶接記号は、溶接の種類、開先の形状・寸法、工場溶接と現場溶接の区別など、溶接に関する事項を図面(設計図面)によって指示するための記号のことです。
溶接記号は、JIS規格においては、以下のJIS規格に規定されています。
『 JIS Z 3021 溶接記号 Symbolic Representation of Welds 』
JIS Z 3021 溶接記号 には、基本記号や補助記号などの溶接記号の規定とその記載例が一覧されて表にまとめられて解説されています。

MTG 美品 【黒の万力】 (アンコモン) 4ED 英 2枚迄

アーク溶接

アーク溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
アーク溶接とは、溶接方法としては、融接(溶融溶接の略。溶接状態において材料に機械的圧力を加えずに行う接合方法の総称。アーク溶接の他には、ガス溶接、抵抗溶接、テルミット溶接などがある。)に分類される溶接方法の一種で、アークの熱を熱源として行う溶接のことです。
一般的に、アーク溶接は、電極と母材間にアークを発生させて、そのアークに伴うアークエネルギーで母材と溶加材を溶融させ、溶接ビードを形成します。

JIS規格の定義 ⇒ "アーク溶接"

ガス溶接

ガス溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
ガス溶接とは、融接(溶融溶接)に分類される溶接方法の一種で、ガス炎の熱を利用して行う溶接のことです。
ガス溶接は、一般的にはガス炎の燃料として酸素を使い、溶加材として溶加棒を用いて、ガス炎の熱によって母材と溶加材を加熱・溶融させて溶接金属(溶接部の一部で溶接中に溶融凝固した金属)を作り、これを凝固させて接合します。

テレホンカード アイドル テレカ 立花理佐 極楽者。 プロミス カードショップトレジャー

アンダカット

アンダーカットとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。アンダーカットは、溶接の止端に沿って母材が掘られて、溶着金属{溶加材から溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分)に移行した金属}が満たされないで溝となって残っている部分のことで、溶接欠陥の一種です。

MOTO CENTRIC レーシング バイクウエア ツーリング 防水 炭繊維 摩耗性 リュックサック レア物 トップ 4色 DY 064

プロジェクション溶接

プロジェクション溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、抵抗溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
プロジェクション溶接は、抵抗溶接(溶接継手部に大電流を流し、ここに発生する抵抗熱によって加熱し、圧力を加えて行う溶接)の一種で、以下の参考図のように母材の溶接箇所にプロジェクション(突起部)を設けて、この突起部分に電流を集中して流し、加熱すると同時に加圧接合する抵抗溶接です。
プロジェクション溶接は、母材に設けた突起部に集中して通電させるため、溶接する母材の板厚が異なる場合でも小電流で電流密度を高くすることができるので、確実なナゲット(重ね抵抗溶接において、溶接部に生じる溶融凝固した部分)を形成し、良好な溶接を行うことができます。

JIS規格の定義 ⇒ "プロジェクション溶接"

ティグ溶接(TIG溶接)

ティグ溶接(TIG溶接)とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
ティグ溶接(TIG溶接)は、アーク溶接(アークを熱源とする溶接)に分類される溶接で、イナートガスアーク溶接の一種です。
ティグ溶接(TIG溶接)は、シールドガスとしてAr(アルゴン)やHe(ヘリウム)などのイナートガス(不活性ガス)を用い、電極にはタングステン或いはタングステン合金を用いることから、ティグ溶接:TIG溶接(Tungsten Inert Gas welding)と呼ばれます。
ティグ溶接(TIG溶接)は、プラズマ溶接などと同じように、溶接材料に溶加棒を用い、電極(一般にタングステン電極)が溶接材料とはならない非溶極式(非消耗電極式)のガスシールドアーク溶接です。

JIS規格の定義 ⇒ "ティグ溶接(TIG溶接)"

アークストライク

アークストライクとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。アークストライクは、アーク溶接(アークを熱源とする溶接(融接))の際に、母材の上に瞬間的にアークを飛ばして直ぐに切ることの意味と、その現象によって溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分の総称)に生じる溶接欠陥を意味する場合もあります。

JIS規格の定義 ⇒ "アークストライク"

開先(かいさき)

開先とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接継手に定義される用語の一つです。
開先とは、グルーブ(Groove)ともいい、溶接を行う母材間に設ける溝のことです。
開先形状としては、I形、V形、レ形、X形、U形、K形、J形、両面J形、H形があります。
開先を設けて行う開先溶接は、継手形状としては、突合せ継手、T継手、十字継手、角継手に適用されます。なお、開先は、”かいさき”と読みます。

JIS規格の定義 ⇒ "開先(かいさき)"

ブローホール

ブローホールとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。
ブローホールは、溶接部における溶接欠陥の一種で、溶着金属(溶加材から溶接部に移行した金属)の中に発生する球状の空洞(気孔)のことです。
アーク溶接では溶接部はアーク雰囲気中で溶融金属が高温にさらされるので、多くの酸素、水素、窒素などのガスを吸収し、それらのガスが表面に浮き上がる前に凝固することによってできる空洞(気孔)がブローホールになります。

JIS規格の定義 ⇒ "ブローホール"

溶接JIS規格【溶接機】

溶接関連のJIS規格において、溶接機関連の溶接JIS規格を以下にリストアップします。

送料無料 DS みんなの動物園 ソフトのみ